居酒屋はしごナビ 全国にある居酒屋を紹介します!
メイン
new

社債?債券?


個人向け社債とは、会社が発行する債券を個人向けに設計・販売しているものです。
会社が設備資金を調達したいときに活用する手段なのです。

基本的にリスクが低いものが多く、会社が潰れなければ、満期時に元本と利子が返ってきます。

そしてこれは証券会社を通じて購入することが出来ます。
例えば、SBIホールディングスが発行するSBI債やマネックスホールディングスが発行するマネックス債の個人向け社債の特長をを見てみると...

まずは1年満期の債券への投資なので、リスクが低い投資先であること、10万円以上、1万円単位で投資が出来ること、満期は1年で、半年に1回ずつ年に2回利子を貰うことが出来ることなどが上げられます。

またSBI債はSBI証券で、マネックス債はマネックス証券で購入することが可能です。
その際、個人向け社債には買付手数料は一切かかりませんし、個人向け国債の金利よりも高く設定されています。

また人気が高く発売と同時に完売してしまうことが多いので、予め証券口座を作っておき、購入準備をしておくことをお薦めします。



低リスクな投資


FXや株はリスクが高すぎるが、定期預金では利率が低すぎる・・・
という人に一押しなのが、SBI債です。
SBI債とは、SBIホールディングスが発行している社債のことです。
社債とは国債の企業バージョンで、企業が債券を個人向けに発行しています。

SBI債は年間利率1.66%と定期預金に比べて格段に利率が高く、
また利払いも年間2回です。
最低購入金額は10万円から1万円単位と手軽で、途中解約もいつでもできます。
社債は会社が潰れない限り確実に金利と元本が戻ってくるので、
SBIホールディングスのような大企業の社債を買うのはかなりローリスクだと言えます。

SBI債は常に購入できるものではなく、1年の間に何回かに分けて発行されるのですが、毎回1時間足らずで数億円分が完売するので、購入を考えている場合は事前に発行日を調べ、抽選に申し込む必要があります。
抽選申込はインターネットからでき、応募期間は3日~一週間とばらつきがあります。




  Copyright(C)2012-
  居酒屋はしごナビ. All rights reserved.